インプラント・入れ歯

歯を失ってしまった患者さまへ、
入れ歯やインプラントなど最適な治療をご用意しています。

失った歯を放置するリスク

「1本歯が抜けただけだから、放っておいても大丈夫」そう考えていませんか?実は、抜けた歯をそのままにしておくと、以下のようなリスクがあるとされています。

  • 噛み合わせに影響する
  • むし歯や歯周病にかかりやすくなる
  • 見た目が良くない
  • 消化器官に負担がかかる
  • 脳への刺激が減る
  • うまく発音できなくなる

これらのリスクを軽減させるためにも、失った歯に対する治療はとても大切です。

インプラントについて

インプラント治療は、歯を失ってしまった場合に行う治療のことです。「インプラント」と呼ばれるチタン製の人工歯根を、歯があった部分の顎の骨に埋め込み、その上にセラミック製などの人工歯を被せ、自分の歯のように使うことができます。
天然歯に近いきれいな見た目と、かみ心地が得られる治療法として、人気も高まっています。
当院では、インプラントのセミナーに参加して最新の知識などを取得し、患者さまの安心につながるような取り組みを積極的に行っています。

メリット
  • 硬い物であっても自分の歯のようにしっかり噛める
  • 見た目を天然歯のような仕上がりにできる
  • まわりの歯に負担をかけない
  • 適切なメンテナンスをすれば長持ちする
  • 骨が痩せにくくなる
デメリット
  • 自費診療なので治療費が比較的高額
  • 外科処置が必要
  • 治療には3ヶ月から半年長いと1年間ほどかかる
  • 全身疾患がある方や妊婦さんは治療を受けることができない場合もある

当院のインプラントについて

当院で使用しているインプラントの素材は、長く持つ上質なものを導入しています。質の高いものを使うことで、よりインプラントを長持ちさせ、健康的な生活のサポートをいたします。もちろん、安全面でも問題のないものです。
実際の手術を行う際には、問診・診療・検査を行い限りなくリスクを減らし、患者さまに安心して手術を受けていただく体制を整えています。

インプラントは定期的なメンテナンスが重要です

インプラントを長くご使用いただくためには、メンテナンスは欠かせません。適切なケアを怠ってしまうと、歯周病に似た「インプラント周囲炎」にかかってしまうことがあるからです。インプラントの周りの歯ぐきが炎症を起こし悪化してしまうと、インプラントが脱落してしまうことがあります。そうならないためには、毎日の歯みがきなどによるセルフケアと、定期的な歯科医院でのメンテナンスをすることが特に大切です。

いつまでも快適にインプラントをお使いいただくために、当院でも定期的な検診をお願いしております。

理事長からのメッセージ

歯の機能性を取り戻すことができるインプラント治療。当院では、「長く持たせる」ことを意識し、治療から治療後のフォローまでを行っています。インプラント治療にご興味のある方、どうぞお気軽にご相談ください。

入れ歯でお悩みはありませんか?

しっかり物が噛めない
すぐ入れ歯が外れてしまう
入れ歯を入れると痛みがある
入れ歯が合わず、ずれてしまう
味覚が変わってしまった

入れ歯で大切なことについて

入れ歯を作製するうえで当院が大切にしていることは、以下の通りです。

患者さまのお口の状態をしっかりと分析し、適した入れ歯作製を行う
入れ歯作製後、実際に使用した際の細かなフォローを行う
自然な口元に仕上がるよう、患者さまの希望をしっかりと伺う

入れ歯ができるまでの手順について

当院の入れ歯作製の手順は、以下の通りです。

1診察・診断
2歯の型どり
3模型製作
4入れ歯完成後、装着
5メンテナンス・調整

入れ歯の種類とその違いについて

入れ歯(義歯)にはさまざまな種類があり、失った歯の本数や部位に合わせて、部分入れ歯か総入れ歯をつくります。昔から用いられている治療法です。

入れ歯には「保険適用」のものと「自費」のものの2種類があります。
それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。

保険適用の入れ歯のメリット
  • 一般的な治療方法で、多くの歯科医院で治療可能
  • 限定素材を使用することで、保険内での治療が可能
  • 治療期間が比較的短い
  • 取り外しができるので、お口や入れ歯のケアが比較的簡単
保険適用の入れ歯のデメリット
  • 床(粘膜を覆う部分)が大きく、装着時に違和感がある
  • 発音が阻害されやすく、味覚や食感が損なわれる場合がある
  • 見た目があまり良くない
  • 歯が抜けてしまった部分の顎の骨は痩せてしまうことがある
  • 取り外しやメンテナンスが煩わしく感じることがある
自費の入れ歯のメリット
  • 金属・シリコンなど、さまざまな素材から作製が可能
  • 比較的かみ心地がよく、より自然な装着感を追求できる
  • 金属床を使用すると食べ物の温度も伝わりやすくなる
  • 見た目も良く、入れ歯だと気付かれにくい
自費の入れ歯のデメリット
  • 素材の種類によって作製にも修理にも時間がかかる場合がある
  • 費用が比較的高額になる

親知らずの移植

理事長からのアドバイス

入れ歯作製は、患者さまが「何を食べたいか」「どんな日常生活を送っているか」によって大きく異なります。まずは、患者さまのご希望をお聞かせいただき、そのうえで選択肢を提示いたしますので、どの治療法にするかを決めていただければと思います。

contact

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、浅草駅、田原駅にある浅草駅前ヘキサ歯科・矯正歯科まで。
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • contact_tel.png
  • ご予約は、お電話またはWEB予約にて 03-5830-6252
  • 24時間受け付けております WEB予約はこちら
  • クリニックブログ
  • 求人情報